【花粉で肌荒れ】アレルギーやかぶれに負けないバリア機能をつくる

花粉症の時期に肌荒れがひどくて、ツライという人は多いのではないでしょうか。

女性の9割もの人が、花粉症の時期の肌荒れに悩まされているそうです。

それを改善するためには、肌のバリア機能を最大限に発揮することが大切です。

花粉症の肌荒れや乾燥肌に負けないバリア機能をつくりましょう。

なぜ花粉で肌荒れが起きるの?

花粉症の時期になると、肌荒れで悩んでいる女性は多いです。

中には、この肌荒れが花粉症の症状だとは感じていない人もいるようです。

でも紛れもなく花粉が原因です。

「花粉症じゃないのに」という人も、花粉症は突然発症するものなんです。

花粉症の時期の気温差で自律神経が乱れる

花粉症の時期は、昼と夜の寒暖差がはげしく、また日によっての気温差も激しいです。

そのため体調を崩しやすく、自律神経も乱れやすいのです。

自律神経が乱れると、ホルモンバランスも崩れてきます。

気温差はストレスにもなりやすく、体調を崩しやすくなるのです。

花粉の時期は、意識的に規則正しい生活をするよう心がける必要がありそうですね。

花粉が皮膚に炎症を起こす

花粉が皮膚につくと、皮膚が炎症を引き起こします。

それにより皮膚がかゆみや痛みを伴ったり、ブツブツやカサカサなどの肌荒れを起こすのです。

また花粉がついた状態で摩擦が起きると、肌を傷めてしまうことにつながるのです。

肌のバリア機能が失われることで乾燥肌に

花粉により免疫力の低下に加え、自律神経が乱れることで肌のバリア機能は失われていきます。

肌のバリア機能が失われるということは、肌を外敵から守ってもらえないということです。

つまり紫外線はもちろん、さまざまな異物からも攻撃され続けるのです。

これはとても怖い状態ですね。

肌のバリア機能は、どんなことがあっても失ってはいけないのですね。

花粉による肌荒れの症状

花粉による肌荒れの場合、花粉皮膚炎にかかっているかもしれません。

かゆみやかぶれのような症状から、湿疹や痛みを伴う人もいるようです。

あまりかゆみや痛みがひどいようなら、皮膚科に行ってみると良いでしょう。

①赤い湿疹ができている

②目や鼻の周りの皮膚の色だけ違う

③マスクでこすれるとヒリヒリする

このような症状があらわれたら、花粉皮膚炎かもしれません。

花粉の時期は、肌にかゆみなどが起きるだけでなく、カサカサに乾燥してしまうことも多いですよね。

正しいスキンケアで、肌のバリア機能を回復させましょう。

とくに花粉で肌荒れを起こしている場合には、低刺激のスキンケア商品を使うことをおすすめします。

そうしないと、余計に肌荒れが悪化してしまうこともありますので、ご注意ください。

肌荒れや乾燥肌を改善する方法

花粉による肌荒れや乾燥肌を改善する方法をご紹介します。

根本的な原因を改善することと、スキンケアの仕方までご紹介しますね。

睡眠をしっかり取ってホルモンバランスも整える

自律神経を整えるには、睡眠をしっかりとることが必要です。

するとホルモンバランスも自然と整っていくことでしょう。

花粉により低下した免疫力も、睡眠をとることで回復してきます。

栄養バランスの良い食生活を心がける

栄養バランスの良い食生活を心がければ、体が正常に機能しはじめます。

それが花粉に対する抵抗力となるのです。

またホルモンバランスを整えるためにも、食生活は大切ですね。

ストレスなども食生活によって改善できますから、毎日の食事は気を抜けませんよ。

帰宅後すぐにシャワーを浴び、寝る前に入浴する

花粉による肌荒れや乾燥肌を改善するには、帰宅後すぐにシャワーを浴びると良いでしょう。

時間帯にもよりますが、夕食の前にしっかり入浴して、そのまま数時間後に寝るのでもOKです。

帰宅時間が早く、夜の時間がたっぷりあるのなら、夕食の前にシャワーを浴びて、後でゆっくりと入浴した方が良いでしょう。

ゆっくりと入浴することでリラックスするのも、ホルモンバランスを整えるために必要なのです。

赤ちゃんOKのスキンケアでバリア機能を回復

花粉症で肌荒れが起きている場合には、肌のバリア機能が失われています。

そのためいつもより低刺激のスキンケア商品を使う必要があります。

刺激を強く与えてしまうと、肌荒れがさらに悪化してしまうのでご注意ください。

赤ちゃんが使ってもOKくらいのスキンケアが必要なんです。



アレルギーやアトピーにも効果アリのスキンケア

花粉症の肌荒れだけでなく、アレルギーやアトピーなどの敏感肌にも使えるのが嬉しいスキンケアがあります。

赤ちゃんが使っても大丈夫なので、デリケートな敏感肌や乾燥肌でもOKです。

また金属アレルギーやおむつかぶれにも効くので、どんな肌荒れにも対応できます。

肌荒れに負けないバリア機能は毎日の生活から


花粉による肌荒れや乾燥肌を改善するには、花粉などのさまざまな原因に負けない肌のバリア機能を高めることです。

そのためには毎日の生活から改善していく必要があります。

体の中からと、体の外からの両方のはたらきかけによって、美容と健康に良い毎日を送りましょう。

スポンサーリンク