【失恋の立ち直り方】脳は刺激を求めてる!人生の価値観を変える方法

失恋の立ち直り方は、いろいろあります。

でもいちばん効果的なのは、人生の価値観を変えるほどの刺激を脳に与えることです。

新しいものを見たり触れたりすれば、今までとは違った感性を抱けることでしょう。

失恋からの立ち直り期間

男性・女性ともに1週間~1ヶ月が多い

失恋からの立ち直り期間は、男女ともに1週間から1ヶ月くらいが多いようです。

これを長いと思うか、短いと思うかは人それぞれ感じ方が違うことでしょう。

また、どのような失恋の仕方をしたかによっても、立ち直り期間に差が出るはずです。

人によるので焦らないこと

失恋からの立ち直り期間は、男性では翌日にはケロっと忘れている場合もあれば、半年くらいかかる人もいるようです。

人によるので「早く立ち直らないと」と焦る必要はありません。

自分のペースで少しずつ立ち直っていけば良いのです。

失恋から立ち直れない理由

現実から目を背けて問題を先送りにする

失恋から立ち直れない理由は、現実から目を背けて、問題を先送りにしているからでしょう。

失恋などのツライ出来事に遭遇すると、人はそれを回避しようとする本能がはたらきます。

でもツライ現実から目を背けても、何の解決にもなりませんね。

相手が悪いという結論は自分自身の解決にはならない

失恋から立ち直るために、相手の悪いところを挙げるという方法もあると言います。

でも相手が悪いという結論にして自分を慰めても、自分自身の解決にはなりません。

自分の非を認めないということは、反省をしないということ。

ということは、次の恋愛でまた同じ失敗をする可能性があるということです。

また今のようなツライ失恋をしたいですか?

それが嫌なら自分のどこが悪かったのかを反省し、次の恋へのステップにしましょう。

新しい恋に逃げて、また失恋を繰り返す

失恋から立ち直れない理由は、新しい恋に逃げてしまうからです。

失恋の傷を癒すには、新しい恋をすることだ、なんて言う人もいます。

でも好きでもない相手と恋愛しても、うまくいくはずがありませんよね。

結局また失恋することになって、同じことの繰り返しになります。

まったく進歩がありません。

だからツライ現実を受け入れて、逃げることはやめにしましょう。

失恋からの立ち直り方法

悲しい気持ちをごまかさずに落ち込むのが良い

失恋から立ち直る方法は、悲しい気持ちをごまかさないことです。

失恋すれば、誰だって悲しいもの。

その恋愛が楽しく幸せであればあるほど、失恋の痛手は大きいのです。

でも幸せな恋愛ができたということは、あなたの人生で意味のあることです。

だから静かに失恋を受け入れましょう。

そして時が回復させてくれるのを待つのです。

価値観を変えるような体験をして脳に刺激を与える

失恋から立ち直る方法は、価値観を変えるような体験をすることです。

たとえば知らない国の文化に触れて、今までの常識を覆すような体験をするのです。

価値観が変われば、脳に刺激を与えることができます。

今まで当り前だと思っていたことが、実は普通ではなかったと気づくのです。

それは人生の大きな転機になるかもしれませんよ。

恋愛だけでなく、仕事にも影響があることでしょう。

息が苦しくなるほど限界まで激しい運動をする

失恋から立ち直る方法は、息が苦しくなるほど限界まで運動をすることです。

健康に問題がないのなら、激しければ激しいほど良いでしょう。

失恋で悲しみに明け暮れている時は、脳や精神が疲れ果てています。

だから脳や精神の疲れよりも激しい疲れを生みだせば良いのです。

そうすることで意識は、精神中心から肉体中心へと変わります。

肉体が疲れれば、精神の疲れは感じなくなります。

できれば運動を続けることで、失恋の悩みなどどうでも良いと思えれば成功です。

それは逃げることではなく、体を鍛えるという前向きな行動になります。

失恋は悲しいけど、運動をすると心も体も元気になるのを感じられるでしょう。

失恋は単なる人生経験にすぎない

人は失恋すると、世界中で自分がいちばん不幸なのではないかと感じるものです。

自分以外のすべての人が、幸せそうに見えるのです。

不思議なものですね。

でも安心してください。それは今だけですよ。

失恋はこの上なく悲しい出来事ですが、結局のところ単なる人生経験にすぎないのです。

だから必要以上に落ち込む必要はありません。

もちろん落ち込むだけ落ち込んで、そこから回復するという方法もあります。

悲しい出来事に直面したときは、その感情を体じゅうで受け止めることが大切でしょう。

そうすれば、いつの間にか失恋の悲しみから解放されていることに気づくはずです。

スポンサーリンク