【ストレスと病気の関係】免疫力アップのためのストレス解消法

ストレスは病気の原因になると言われています。

ではどんな病気の原因になるのでしょうか。

また体だけでなく心の健康も害する場合があります。

そうなる前にストレスを上手に解消する必要があります。

ではそもそもストレスが病気の原因になる理由は何なのでしょうか?

ストレスが病気の原因になる理由

ストレスは病気の原因になります。

でもそのメカニズムって、一体どのようになっているのでしょうか。

ストレスは免疫力を低下させる

ストレスが病気の原因になる理由は、ストレスによって免疫力が低下するからです。

免疫力を高めることで病気を予防していますので、免疫力が低下することは、すなわち病気を引き起こすということに繋がります。

だからストレスが病気を引き起こすというよりも、ストレスが健康な体を蝕むということなのです。

いずれにしてもストレスは病気の原因になるということですね。

ストレスは心身ともに蝕んでいく

ストレスが病気の原因になる理由は、ストレスによって体も心も蝕んでいくということです。

現代社会では、ストレスをゼロにすることは不可能です。

でも早い段階で解消する努力はできます。

体や心の健康を害す前に、ストレスを上手に緩和することが必要なのです。

そうしないと毎日毎日どんどんストレスは膨れ上がっていきます。

取り返しのつかないことになる前に、ストレス解消法を実践しましょう。

ストレスはあらゆる病気を引き起こす

頭痛や偏頭痛などの日頃おこりやすい病気をはじめ、ガンなどの命に関わる病気まで引き起こすストレス。

結局のところ、ストレスはあらゆる病気を引き起こすと言われています。

ストレスがどんな病気も引き起こすと考えれば、かかる病気によっては命の危険もあるということになります。

つまりストレスによって死ぬことだってあり得るということなのです。

だからストレスがたまり過ぎる前に、上手に解消することが何よりも大切ですね。

ストレスが原因の病気って何?

ストレスが病気の原因になるのなら、一体どんな病気にかかる危険性があるのでしょう。

考えられる病気は、すべてです。

その中でもとくにストレスの影響がある病気を挙げてみましょう。

ストレスが原因で精神を病む「精神病・神経症」

ストレスが原因の病気は、うつ病などの精神病や、自律神経失調症などの神経症です。

つまりストレスが原因で精神を病むということですね。

自律神経失調症は精神ではなく神経の病気ですが、精神的に不安定になる症状があります。

また体温調節がうまくできなくなったり、体にしびれや痛みを伴う場合もあります。

ストレスが原因で呼吸が浅くなる「呼吸器系疾患」

ストレスが原因の病気は、呼吸が浅くなって、呼吸器系疾患になることがあります。

たとえば寝ている時に歯ぎしりやいびきをかく「睡眠時無呼吸症候群」は、呼吸器系だけでなく、心臓にも負担がかかる危険な病気です。

気づいたら早めに改善することをおすすめします。

ストレスが原因で胃がやられる「内臓系疾患」

ストレスが原因の病気は、胃潰瘍などの内臓系疾患です。

ストレスで胃がやられるのは聞いたことがありますよね。

胃に穴があくと良く言われています。

胃が痛いとか吐き気などがひどい時には、早めに病院を受診しましょう。

心身ともにストレスの影響がある「心臓系疾患」

ストレスが原因の病気は、心臓系疾患です。

心臓は言うまでもなく、人間が生きていく上で要となる器官です。

その心臓に疾患を抱えるということは、命の危険もあるということですよね。

心臓病を治すには、ストレスを緩和するしか方法はありません。

病気にならないためのストレス解消法とは?

病気にならないためには、上手にストレスを解消する必要があります。

では病気予防にもなるストレス解消法をご紹介します。

運動をして血の巡りの心の巡りを良くする

病気予防のためのストレス解消法は、日頃から運動をして、血行を促進することです。

また運動することによって、それ自体がストレス解消になると考えられます。

つまり日常的に運動することは、心と体の両面を健康にしてくれる効果があるということです。

栄養バランスの良い食生活を心がける

病気予防のためのストレス解消法は、栄養バランスの良い食生活を心がけることです。

ストレスは食べ物で解消することもできます。

また体が健康なら、ストレスに対抗することができるのです。

つまり栄養バランスの良い食生活をして健康を維持できれば、ストレスがかかってきても病気を回避することができる可能性があるということです。

悪習慣を断ち切るなど生活習慣を見直す

病気予防のためにストレス解消法は、悪習慣を断ち切るなど、生活習慣を見直すことです。

悪習慣とはいろいろあります。

たとえば「喫煙」「過度の飲酒」「夜更かし」「食品添加物の過剰摂取」などです。

喫煙はガンの原因にもなるなど、健康に良くないことは誰でも知っていますね。

また適度な飲酒はOKですが、過度の飲酒は良くありません。アルコールを分解する時にも、免疫力は消費されていくのです。

そして夜更かしは睡眠不足の原因です。睡眠不足は免疫力を低下させます。

食品添加物はスナック菓子や冷凍食品、カップ麺やコンビニ弁当などに含まれています。それらを過剰摂取すると、免疫力を低下させる原因になります。

ストレス解消は病気予防と長生き対策

ストレスを解消すれば病気予防になるので、結果的に長生きができるということになります。

最近は健康志向の人が増えていますので、何とかストレスを解消しようと努力している人もいることでしょう。

でも普通の生活を普通に送っていれば、そこまでストレスを溜め込むことはありません。

毎日ちょっとした心がけで、ストレスは解消できるんですよ。

スポンサーリンク